2014年08月03日

◆ クリスティ「五匹の子豚」

 アガサ・クリスティの「五匹の子豚」という作品は、あまり知られていないが、傑作である。トリックは派手ではないが、小説としての出来映えからして、彼女の作品のベストだとも言える。しかもこれは、STAP 細胞事件の謎に似てる。
 続きは、下記で。

  → STAP みたいな推理小説


posted by 管理人 at 17:58| 書評 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。