2012年10月21日

◇ エコには圧力鍋

 エコのためであれば、圧力鍋で省エネをするといい。加熱時間が短くて済むので、ガスや電気のエネルギーを大幅に節約できる。また、時間も節約できる。 ──
  
 「エコのためにレジ袋を節約しよう」
 と思って無意味な努力をする人も多いが、レジ袋の節約よりも、調理のためのエネルギーを節約するといい。そのために最適なのが、圧力鍋だ。
 
 圧力鍋は、蓋を危惧で密閉することにより、鍋の圧力を高めて、内部の沸騰温度を高める。圧力を1気圧から 1.2〜1.4気圧ぐらいに上げることで、100度を上回る温度( 120度ぐらい )を実現する。結果的に、短時間で煮物が柔らかくなる。

     

圧力鍋3.7L    切り替え式圧力鍋

 左の商品は、は安価だ。
 右の商品は、低圧と高圧を切り替えることができて、高機能だ。

 料理の初心者ならば、ときどき使うぐらいだろうから、左の商品でもいい。
 料理が得意な人なら、多用途に使いこなすだろうから、右の商品がいいだろう。

 ──

 鍋には料理本が付属していることもあるが、そんなのよりは、ネットで記事を探す方が早い。
  → 「圧力鍋 料理」 ( Google 検索 )

 シチュー、カレー、おでん、豆などの煮込み料理に適している。他にも、豚肉・牛肉・鶏肉などの煮込み料理にも適している。

 もっと本格的に見るなら、書籍を買ってもいい。

    

圧力鍋はこわくない!   毎日使える142レシピ





 [ 付記 ]
 調べているうちに、「平野レミの圧力鍋」というのが見つかったが、かなり高価だ。上記商品の3倍くらいの価格。
 料理上手の人向けみたい。お金があるなら、ご自由にどうぞ。



 【 関連サイト 】

  → 圧力鍋のレシピ


posted by 管理人 at 19:19| 道具 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。