2011年10月27日

◇ 家庭・オフィス用の蓄電池

 大阪では停電の可能性がある。そこで、30万円程度の蓄電池があるといいかもしれない。簡単に紹介しておこう。 ──
 
 特に強くお勧めするわけではないのだが、大阪のように停電の可能性がある地域では、蓄電池が有効だろう。コンピュータなどの最小限の装置だけでも駆動したくなるものだ。特に、オフィスなどで。(あるいは高度医療の対象となる患者。)

 私としては、「発電機の方が安い」と思ったのだが、発電機は屋内での稼働が禁じられている。普通の家ならば、外にコンピュータを持ち出して使ってもいいのだが、オフィスや病院では、そういう具合にも行かないだろう。かなりの金を払っても、蓄電池が必要だ、という事例もあるだろう。
 そこで、簡単に紹介しておこう。

 商品はこれ。
  → 30万円の蓄電池 ( ELE-CUBE )

 ──
 
 テレビ番組で紹介する動画はこれ。




 ──

 さらに、補助金がある。政府や自治体から補助金が 10万円ぐらい付くこともあるようだ。東京都では 10万円らしい。となると、自分で払うのは、20万円で済みそうだ。
  → 蓄電池 補助金 - Google 検索
 (地域名として「東京都」などの語句を追加して検索するといい。)
  
 ──
 
 誰にでもお勧めするというわけではないのだが、大型の無停電装置が必要な状況では、こういうものがあった方がいいという例もあるだろう。特に、大阪みたいに、停電が起こりそうな地域では。
 
 《 追記 》

 「最高性能でなくても、とにかく安いのがいい」
 というのであれば、米国製でなく韓国製の電源を使った、次の安価な商品もある。
  → ELE-CUBE mini 
 これは 20万円を切っているので、価格的には抜群に有利だ。
 


 [ 付記 ]
   
 上記は、安価なので、お薦め商品だ。
 一方、大手会社の商品もあるが、とても高価だ。下記の二つの商品。
  → パナソニック 138万6000円
  → ヤマダ電機 870,030円 〜 1,890,000円
 
 なお、とにかく安いのがいいというのなら、次の商品もある。
  → ソニー製品 120,265円
 ただしこれは、容量が 300Wh しかないから、1.3kwh の ELE-CUBE の4分の1以下の分量しかない。コストパフォーマンスはとても悪い。
 さらにこいつは、補助金をもらえないらしい。(補助金は 1kwh 以上のものが対象である例が多いようだ。)
 というわけで、ソニー製品はお薦めしません。

 どうしても安いのがいいというのなら、ダイソーで単三電池でも買えば? そっちの方が安いですよ。(交流じゃないけど。)(この箇所は冗談です。 (^^); )
 


 オフィス用でなく家庭用なものなら、次の商品(小規模蓄電池)もある。

     

NMP309AC     NMP822AC30



 家庭用としては、このくらいの価格(2万円以下)が限界だろう。たとえ容量は小さいとしても。


posted by 管理人 at 16:44| 道具 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。