2011年02月19日

◇ 電源タイマー

 省エネのために、タイマーを使うといい。電気機器に電源タイマーをつけると、電源の ON・OFFを自動的に実行できる。 ──
 
 電気機器をつけっぱなしにすると、電気を食い続ける。そこで、電源タイマーをつけると、無駄なときには電源を OFF にできる。
 同様に、もともとは OFF にしておいて、使う直前に自動的に 電源 ON にすることもできる。
 いずれにせよ、「常時 ON 」ではないから、「常時 ON 」の場合に比べて、省エネ効果がある。

 毎日設定し直さなくても、自動的に、定時に ON・OFF できるようだ。

 ──

 街の電器店で探すと、高額のものが多いが、Amazon では安価なものを売っている。


プログラムタイマー

 これ以外の商品も検索できる。
   → 関連商品 一覧

 Amazon の便利なところは、ユーザー評価がある点だ。上の一覧を見ると、一部の商品はユーザー評価が非常に低いので、「安かろう、悪かろう」だとわかり、クズをつかまされないで済む。評価が高いものを選べば大丈夫だ。(たとえば上の商品。)

 ──

 なお、たいていの電源タイマーは、コードがなくて、コンセントに直づけする。これでは不便だ。コードが必要だろう。
 そこで、延長コードもいっしょに買うべきだ。



 ただし、これは送料別なので、価格が高すぎる。お勧めしません。
 街の電器店で買ってもいいが、100円ショップでも売っている。



 ついでだが、タイマーで何を使うかというと、いろいろあるが、たとえば、電気あんかだ。



 これは、安価だが、ON・OFF の電源スイッチが付いていない。電源プラグをコンセントから抜くしかない。
 しかし、電源タイマーがあれば、自動的に電源の ON・OFF がなされるので、別に電源プラグをコンセントから抜く必要はないだろう。

( ※ このあんかは、送料別。その分、高い。私はコジマという店で、同様の商品を買った。)


posted by 管理人 at 21:58| 道具 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。