2010年02月08日

◇ 液晶保護フィルム(貼り方)

 ノートパソコンには、液晶保護フィルムを貼るといい。ただし、貼り方に工夫がいる。それを紹介する。 ──

 貼るときには気泡を入れない、というのが狙いのように見える。だが、気泡については、あまり問題はないらしい。(ただし後述する。)
 問題は、ホコリだ。ホコリがまぎれこみやすく、いつまでも取りにくい。
 この解決方法は……

 (1) ホコリの少ない浴室で貼る
   → http://d.hatena.ne.jp/ku__ra__ge/20090829/p2

 (2) ホコリが入ったら、粘着性の高いテープでフィルムを剥がしてから、低粘着の接着テープでホコリを取り去る。
   → http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/013/13760/



 気泡については問題はないらしいと述べたが、実は問題はあるらしい。特に、大画面の場合はそうだ。(iPhone みたいに小さい画面は別として。)

 大画面でフィルムを貼るときに、気泡を抜く、という方法がある。全体を薄く水で濡らすのだ。具体的な方法は、下記の漫画に記してある。
   → 解説マンガ (萌え系)



 メーカーによる動画の説明もある。
   → フィルムの貼り方 (動画)



 なお、それとは別の話。
 フィルムのサイズに注意。パソコンの画面にちょうどぴったりのサイズになるように、あらかじめナイフできれいにカットしておく。方眼紙を使うといいらしい。
   → 参考ページ (後半)



 【 商品紹介 】


  → ELECOM 液晶保護フィルム 光沢表面仕様 10.1インチワイド用 EF-FL101WHG

  → ELECOM 液晶保護フィルム 反射防止仕様 10.1インチワイド用 EF-FL101W

  → SANWA SUPPLY LCD-101W 液晶保護フィルム(10.1型ワイド)

  → SANWA SUPPLY LCD-121 液晶保護フィルム
    (非光沢で見やすい、というユーザー評価がある。非 Amazon )
  → ELECOM EF-FL121 液晶保護フィルム
     (右の方に、Amazon から購入するための欄がある。)


  → エレコムの一覧

  → サンワサプライの一覧

 ※ 文字入力に使うのならば、非光沢が好ましい。(映り込みがない。)
   一方、画像を見るのならば、光沢が好ましい。(色がきれいになる。)
   ノートパソコンの用途から考えると、非光沢の方がいいだろう。


posted by 管理人 at 20:36| 道具 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。