2010年01月25日

◆ 日本語大シソーラス

 日本語のシソーラス(類語辞典)として、とても評価のよいものを紹介する。「日本語大シソーラス」という書名。書籍版はきわめて高価だったが、電子版ではそこそこ入手しやすくなっている。 ──
    ( ※ 本項の実際の掲載日は 2010-01-28 です。)


 シソーラス(類語辞典)としては、英語版では「ロジェのシソーラス」が昔から有名だが、それに匹敵するものが日本語版でもできた( 2003年だが)。丸谷才一が絶賛している出来映えだ。
 難点は、価格が高いことだったが、電子版では、そこそこお求めやすくなっている。書籍版は 15,750円だが、電子版は 9,975円。しかも、複数台にインストールが可能だ。(本項末に注記あり。)

 ──

 ともあれ、紹介しておこう。

 どんなものかという紹介は、書籍版を見ればいい。
  → 出版社(大修館)

 電子版の画面は、これ。
  → ロゴヴィスタ

 成り立ちは、一人の編纂者が人生をかけて編纂したという。生涯独身。(若くして妻に先立たれた ロジェ に似ている。) ともあれ、出来映えは素晴らしく、丸谷才一は「この辞典の出現によって、日本語の文化は劇的に豊かなものになる可能性を持った」と激賞している。
  → 佐々木俊尚のブログ

 お金さえ出せれば、買う価値はある。特に、語彙を豊かにしたい人は。
 で、どれを買うかだが、書籍版は不便なので、電子版がよい。このシソーラスは、索引などがあまり良くできていないので、電子機器の形で使うことで、初めて本領を発揮するからだ。
  → Amazon の読者批評

 電子版にも、いろいろなバージョンがあるが、一番お得なのは、出版社から出している CD-ROM 版だ。( Windows ,Mac 対応)
  → CD-ROM版(日本語大シソーラス)



 [ 付記1 ]
 書籍版もあるが、お勧めしない。高額だし、使いにくい。
 また、電子版ならば複数パソコンにインストール可能だ。たとえば、デスクトップとノート。
 特に、次項に述べる「電子文具 NetWalker 」にインストールすると良さそう……と思ったが、この機種の OS は Linux だから、無理みたい。

 ただし、である。うまい方法がある。ロゴヴィスタ版ならば、会社(ロゴヴィスタ)が EPWING 形式への変換サービスを提供してくれる。価格は 2000円ほど高くなるが、 EPWING 形式に変換すれば、linux でも使える。下記サイトを参照。
  → 体験記 (ロゴヴィスタへのリンク付き)

 なお、製品の購入は下記で。
  → ロゴヴィスタ版の購入 (Amazon)

 ただし、ちょっと見たところ、 EPWING 形式への変換は、けっこうハードルが高い。初心者には無理だな。linux のコマンドを使えるような上級者じゃないと、やれそうにない。そもそも、圧縮ファイルの形式からして、初心者には使えない。(自分でできなければ、詳しい知人に頼むという手もあるが。あとで昼食をおごる必要があるな。)

 初心者だったら、 Net Walker へのインストールは諦めて、普通の Windows 版のミニノート・パソコンを使う方が賢明か。とはいえ、上級者もいるだろうから、ここで一応、紹介しておいた。

 [ 付記2 ]
 法律論議。
 複数台へのインストールは、私的利用ならば違法ではない。
 なお、家族のパソコンにインストールするのは、微妙だな。厳密には違法かも。それで摘発されることはないだろうが。…… 一方、家族以外の友人のパソコンにインストールすれば、完全な違法だ。




   書籍版        CD-ROM版     ロゴヴィスタ版

     


posted by 管理人 at 19:50| 書評 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。