2010年01月17日

◆ 日本語が亡びるとき

 水村美苗の「日本語が亡びるとき」について、解説と批評をする。 ──

 この話は、下記のページに記した。(日付は 2009年05月31日)

  → nando ブログ 「ITと日本語(日本語が亡びるとき)」

 書評というよりは、かなり長い評論である。じっくり読んでほしい。

( ※ なお、ここで論じている内容は、日本人における日本語力の低下だ。その意味で、前項の「読書する運動選手(菊池雄星)」と関連する。)




 なお、Amazon のページは下記だ。ここでは、読者書評も読める。

  → 日本語が亡びるとき


posted by 管理人 at 19:58| 書評 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。