2009年12月02日

◆ 研修医の教育

 医学の研修医を教育するには、どうすればいいか? それには、うまい方法がある。 ──

 医学の研修医を教育するには、どうすればいいか ── という問題がある。
 通常、研修医は、現場ではお荷物扱いされている。医者としては半人前だし、学生にしてはおとなしくしていない。また、そばで医療を見ていたって、スキルがアップするわけでもない。おまけに、国家からは多額の給与が支払われる。ただの無駄みたいなものだ。
 というわけで、たいていの病院では、研修医をもてあましている。なかには、「きちんと教育しています」という病院もあるにはあるが。( → そのサイト ) しかし、宣伝はそうだとしても、実際にどこまで頑張っているかは、おぼつかない。

 ──

 逆に言えば、研修医の側から見て、たいていの病院は非常に評判が悪い。そこで研修を受けても、ちっともスキルアップしないのだ。単にたらい回しをされているだけ。研修医の側から見ても、腹立たしい。せっかくの貴重な教育期間を無駄にされている気分だ。

 ──

 ところが、である。この本に、非常にうまい方法が紹介されている。研修医の評判が抜群だ。

  → 世界をだました男 (新潮文庫) ( Amazon のサイト)

 この本は何かというと、史上最大の詐欺師の自伝である。実話。  (^^);
 主人公はあれやこれやと詐欺をするのだが、あんまり詐欺をやりすぎて、目をつけられた。そこで、ほとぼりを冷ますために、地方に引きこもった。「ここでなら警察も追って来まい」と。
 何もしないで無職でぐーたらしていたが、職業を聞かれたら、「小児科医ですが、休暇を取っています」と煙に巻いていた。
 ところが、近所に話し好きの医者がやってきた。「きみは小児科医だってねえ。どこの卒業なんだい?」と話しているうちに、いつのまにか、その医者の病院で働かざるを得ないハメになった。ただし、名目上の医者として勤務するだけであり、治療はしなくていいという。言葉の矛盾を避け、怪しまれないために、やむをえず、そこに勤めるハメになる。
 ところが、ときどき、研修医の指導をするハメになる。しかし、主人公は、医学の知識がゼロである。研修医に教えることなんかできない。絶体絶命。
 そこで、どうしたか? いつもと同じく、舌先三寸で逃れた。その方法は……

 「×××××××××××××××××××××××××」

 である。
 そして、この方法を取ったところ、研修医から猛烈に批判を浴びせられた……どころか、逆に、ものすごく評判がよかった。 (^^)v
 「他の先生と違って、この先生の指導はとてもいいね。すごく実力がつく」
 と、研修医に大好評。なるほど、確かに、この方法なら実力がつくな、と納得させられる。

 では、その方法は……
 詳しくは上記の本を読んでください。  (^^);
 ……と書いたら、私も詐欺師になってしまう。   (^^);

 そこで、簡単に説明すると、こうだ。

 詐欺師は医者としては、何も指導できない。そこで、どうしたか? 
 「この患者を治療するには、どうしたらいいと思うかね?」
 と研修医たちに尋ねるのだ。研修医たちは、複数いる。何人かの研修医たちが、「僕はこう思います」「私はこう思います」というふうに、各人が意見を言う。他人の意見を聞きながら、あれこれ考えるうちに、意見は集約されていく。
 それらを聞いたあとで、おもむろに、
 「うん、私もそう思う。その方針でやってくれたまえ」
 と指導する。

 こうして、研修医たちは、常に現場を踏む訓練を重ねていく。そのことで、彼らは急速に実力をつけていく。

 もちろん、研修医たちが間違うことも、稀にあるだろう。その場合には、指導医が、きちんと説明するべきだ。では、その詐欺師は、どうしたか? さあ、どうしたんでしょうね?  (^^);
 その先を知りたければ、本を読むといいでしょう。答えはあまりにも意外だが。  (^^);
( ※ ヒントを言うと、医学的な解決ではなく、詐欺師的な解決。)

 ──

 この本は、ディカプリオ主演で、映画化もされている。
  → キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]

 この映画は未見なので、私は知らないが、本の方は、とても面白い。大傑作というわけではないし、優れた小説というわけでもないのだが、詐欺師を研究したい人にとっては、とても面白い。特に、私みたいに、詐欺師のことを知りたい人には。  (^^);

 ま、誰にとってもお薦めの良書というわけではないが、通好みの珍書としては、買って損はない一冊だ。値段も安いし。
 プレゼン能力のない人たちは、本書の驚くべき舌先三寸の冴えを見るといいだろう。特に、本書の最後の舌先三寸は、驚異的だ。回り中を警察に囲まれた絶体絶命の窮地を、どうやって逃げ出すか? まるで手品みたいだ。それも、ただの言葉だけで。
 
 ともあれ、詐欺師の方法をいろいろと学ぶと、研修医の教育にすら役立つ。詐欺師のテクニックに学ぶことは、とても大切だ。


 ※ ただしこの本は、もはや絶版です。中古でしか入手できない。
 ※ 映画の DVD ならば、入手は容易だ。結末もたぶん同じだろう。


posted by 管理人 at 20:56| 書評 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。